赤い日記帳

[PREV] [NEXT]
...... 2018年04月23日 の日記 ......
■ ○○な人の末路   [ NO. 2018042302-1 ]

キスマイの4人が主演、さまざまな“人生の選択と末路”を描くヒューマンストーリー

○○な人の末路
4/23(月)スタート(ネットワーク局

日本テレビ系
毎週月曜 24:59〜25:29

 

公式サイト

 

 

スタッフ

 

原案:鈴木信行「宝くじで1億円当たった人の末路」(日経BP社)

脚本:西条みつとし

演出:狩山俊輔

プロデューサー:西憲彦
プロデューサー:徳永清孝
プロデューサー:長松谷太郎
プロデューサー:松山雅則

主題歌:ZERO/Kis-My-Ft2(北山宏光&藤ヶ谷太輔&玉森裕太)


キャスト

横尾渉
戸塚賢太 役
平凡な家庭に育ったサラリーマン。実家暮らしで、彼女との結婚資金を地道に貯金。無駄遣いもしない堅実な男。一生に一度の結婚式だけでも彼女の理想に近づけようと、結婚資金を仮想通貨に投資する。

宮田俊哉
真野葉一 役
会社を辞めて大手クリーニング店でアルバイト生活をおくっている。正社員への昇格を打診されてはいるが、会社の歯車になることに不安と疑念を持っている。そんな中、学生時代にアルバイトをしていた小さなクリーニング店が閉店間近と知り、迷いながらも経営者になる選択をする。

二階堂高嗣
萩原利樹 役
広告会社でデザイナーをしているサラリーマン。妻と子どものために働いているが、毎日納期に追われており、家族との時間を取ることもままならない。そんな生活に疲れて、田舎でのんびり暮らそうと家族と都会を離れる選択をする。

千賀健永
和田竹雪 役
役者として売れることを夢見る劇団員。ある日、家賃の滞納でアパートを追い出されることになり、格安のアパートを探していると、事故物件を見つける。内心怖いと思いつつも、役者としても後々ネタになると持ち上げられ、思い切って契約する選択をする。

 


概要
日経ビジネスオンラインの人気連載「末路シリーズ」を書籍化した「宝くじで1億円当たった人の末路」を原案に、さまざまな末路の中から4編を厳選して連続ドラマ化するヒューマンストーリー。
主演を、Kis-My-Ft2の横尾渉、宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永の4人が務め、「仮想通貨で思わず大金を手に入れちゃった人」を横尾、「日本一顧客思いのクリーニング店を経営する人」を宮田、「疲れた。田舎でのんびり暮らしたいと思った人」を二階堂、「事故物件を借りちゃった人」を千賀が演じる。
劇作家で演出家の西条みつとしが脚本を手掛け、別々に見えるそれぞれの“人生の選択と末路”が、ある一つの末路につながっていくさまを描く。

ストーリー 

人生で一つの「選択」をした後、その人にはどんな「末路」が待ち受けているのか。人は誰でもその気になれば大抵の挑戦ができるし、人生の選択ができる。しかし、その後どうなるのか分からないと怖い…。
突然大金を手にした「仮想通貨で思わず大金を手に入れちゃった人」、平凡な男が思い切って店を経営する「日本一顧客思いのクリーニング店を経営する人」、田舎暮らしでのんびりすることを夢見た「疲れた。田舎でのんびり暮らしたいと思った人」、見栄っ張りで自分を大きく見せている「事故物件を借りちゃった人」。4人それぞれが人生における一つの選択をした結果、待ちうけているその末路とは果たしてどうなるのか…。

 

 

 

 

○○な人の末路 - Google 検索


...... トラックバックURL ......
  クリップボードにコピー

...... 返信を書く ......
[コメントを書く]
タイトル:
お名前:
メール:
URL:
文字色:
コメント :
削除用PW:
投稿キー: