赤い日記帳

[PREV] [NEXT]
...... 2018年04月30日 の日記 ......
■ 「Windows 10」大型アップデート、4月30日に提供開始へ   [ NO. 2018043005-1 ]

 

Windows 10の大型アップデート「April 2018 Update」が4月30日に配信開始。注目すべき新機能や改良点はこれだ

 

「Windows 10」大型アップデート、4月30日に提供開始へ

 

Microsoftは米国時間4月27日、「Windows 10」の大型アップデートを正式発表した。「Windows 10 Spring Creators Update」として知られていたが、最終的な名称は「Windows 10 April 2018 Update」となった。

Windows Insiderプログラムのおかげで、どのような新機能が追加されるかはすでに広く知られている。

たとえば、通知をオフにして作業に集中できるようにする「Focus Assist」(集中モード)という機能が追加された。1年前に発表された「Timeline」(タイムライン)機能も追加されている。これまでに実行したアクティビティの履歴を表示し、ファイルやアプリ、ウェブサイトに素早く戻れるカードを提供する機能だ。また、プライバシー、セキュリティ、通知などについて、設定にいくつかの主要な変更が加えられる。

このアップデートは4月30日に提供が開始される。ただし、この日にアップデートを取得するのは一部のユーザーだ。アップデートは段階的に提供される。自動更新が有効になっている場合は、更新が利用可能になったときに通知される。

 

Windows 10 April Update 2018として次期アップデートが4月30日公開

 

米Microsoftは27日(現地時間)、これまで「RS4」のコードネームで呼ばれてきた次期大型アップデートを「Windows 10 April Update 2018」として4月30日(現地時間)より提供開始すると発表した。

更新内容の大きなものとしては、新機能「タイムライン」が追加。Windows 10 PCで行なった作業について、今日、先週など30日前までさかのぼって簡単に検索ができる。また、同じMicrosoftアカウントでiOSやAndroidのEdgeやOffice 365を利用している場合は、そこで行なった作業をWindows 10 PCで再開できる。
画面右下のボタンを押してアクションセンターを呼び出すと、「集中モード」と呼ばれるボタンが追加された。これによって、通知を完全に切ったり、特定の通知だけを表示させたりでき、作業により集中できるようになるとする。オンにする時間帯を指定したり、ゲームプレイ時、自宅(コルタナで住所を設定)にいるときのみ自動的にオンにすることもできる。

 

このほか、音声入力の強化、世界中のLTE通信業者への対応、

住所に関する日本語予測入力なども追加されている。

 

 

 
2018年4月に配布予定だったWindows10春の大型アップデート
「SpringCreatorsUpdate」が重大バグ発見で数週間配布が延期されるようです?

https://jp.techcrunch.com/2018/04/12/2018-04-11-what-happened-to-the-windows-10-spring-creators-update/

バグ問題でWindows 10春の大型アップデート「1803」配信開始に“待った”か

Windows10春の大型アップデート「1803」は4月中に配信できるのか


...... トラックバックURL ......
  クリップボードにコピー

...... 返信を書く ......
[コメントを書く]
タイトル:
お名前:
メール:
URL:
文字色:
コメント :
削除用PW:
投稿キー: