赤い日記帳

[PREV] [NEXT]
...... 2018年05月18日 の日記 ......
■ 映画『のみとり侍』   [ NO. 2018051803-1 ]

(C) 2018「のみとり侍」製作委員会
製作年:2018年

製作国:日本

日本公開:2018年5月18日 (全国東宝系)

上映時間:1時間49分

製作:毎日放送 / ABCテレビ / テレビ大阪 / 関西テレビ放送 / 読売テレビ放送 / 電通 / WOWOW / 東急エージェンシー / 時代劇専門チャンネル / 朝日新聞社 / 毎日新聞社 / 読売新聞社 / 光文社 / ひかりTV / GYAO

製作プロダクション:東宝映画

製作・制作プロダクション:ROBOT

製作・配給:東宝

カラー

公式サイト:http://nomitori.jp/

 

 

『のみとり侍』阿部寛 単独インタビュー

 

斎藤工&板谷由夏、『孤狼の血』など5月中旬のイチオシ新作映画をはみだし映画工房で語る!

 

5月に公開される注目の実写化映画6選

 

東宝シンデレラGP・福本莉子が映画初出演 『のみとり侍』町娘役「とても新鮮」

 

 

見どころ:作家・小松重男の時代小説「蚤とり侍」を、『後妻業の女』などの鶴橋康夫監督が映画化した時代劇。裏稼業である「のみとり」を命じられた武士が、人々に助けられながら奮闘するさまを描く。エリート藩士から「のみとり」になってしまう主人公に阿部寛がふんするほか、寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、風間杜夫、大竹しのぶ、前田敦子、落語家の桂文枝らが出演。

あらすじ:越後長岡藩藩士の小林寛之進(阿部寛)は藩主の気分を害してしまい、表向きは猫ののみとりを商売にしつつ、実態は床で女性の相手をする裏稼業「のみとり」を命じられる。長屋で暮らす人々の助けを借りながら新たな生活を始めて、間もなく出会ったおみね(寺島しのぶ)が、最初の「のみとり」の相手となる。亡き妻にそっくりな彼女にときめく寛之進だったが「下手くそ!」とののしられ、伊達男の清兵衛(豊川悦司)から女の喜ばせ方を学んで腕を磨いていく。

 

 


スタッフ
原作: 小松重男
監督・脚本: 鶴橋康夫
音楽: 羽岡佳
製作: 市川南
共同製作: 竹田?滋 / 山田裕之 / 井口佳和 / 岡田美穂 / 谷和男 / 吉崎圭一 / 大村英治 / 林誠 / 杉田成道 / 宮崎伸夫 / 広田勝己 / 安部順一 / 加太孝明 / 丹下伸彦 / 板東浩二 / 荒波修
プロデューサー: 秦祐子 / 臼井央
ラインプロデューサー: 梶原富治 / 柴田和明
プロダクション統括: 山内章弘 / 佐藤毅
撮影: 江崎朋生
照明: 高屋齋
録音: 白取貢
美術: 近藤成之
装飾: 極並浩史
VFX: 大澤宏二郎
衣装デザイン: 小川久美子
衣装: 松田和夫
メイク・床山: 山下みどり
結髪: 北川真樹子
スクリプター: 永倉美香
助監督: 木ノ本浩平
制作担当: 百々勲
音楽プロデューサー: 杉田寿宏

キャスト
小林寛之進: 阿部寛
おみね: 寺島しのぶ
清兵衛: 豊川悦司
佐伯友之介: 斎藤工
甚兵衛: 風間杜夫
お鈴: 大竹しのぶ
おちえ: 前田敦子
田沼意次: 桂文枝

 

 

映画『のみとり侍』

- シネマトゥデイ

 

2018年5月の公開作品

- シネマトゥデイ


...... トラックバックURL ......
  クリップボードにコピー

...... 返信を書く ......
[コメントを書く]
タイトル:
お名前:
メール:
URL:
文字色:
コメント :
削除用PW:
投稿キー: