赤い日記帳

[PREV] [NEXT]
...... 2018年05月26日 の日記 ......
■ 映画『海を駆ける』   [ NO. 2018052606-1 ]

(C) 2018「海を駆ける」製作委員会
製作年:2018年

製作国:日本

日本公開:2018年5月26日

上映時間:1時間47分

配給:東京テアトル

企画・制作・製作:日活

カラー

公式サイト:http://umikake.jp

 

 

二階堂ふみ『ほとりの朔子』撮影を振り返る

 

 

見どころ:『淵に立つ』などの深田晃司監督と『結婚』などのディーン・フジオカが組み、インドネシアを舞台につづるファンタジードラマ。2004年の地震による大津波で大きな被害を受けたスマトラ島でロケを行い、海からやって来た不思議な男が起こす奇跡を描く。『走れ、絶望に追いつかれない速さで』などの太賀や『2つ目の窓』などの阿部純子、『恋する彼女、西へ。』などの鶴田真由らが共演。

あらすじ:貴子(鶴田真由)は息子のタカシ(太賀)とインドネシアに移住し、 NPO法人で災害復興の仕事に就いていた。ある日、貴子の自宅で息子の同級生クリス(アディパティ・ドルケン)と、その幼なじみでジャーナリストを目指しているイルマ(セカール・サリ)が取材を行っていたところ、身元不明の日本人らしき男性が見つかったという連絡が来て……。

 


スタッフ
監督・脚本・編集: 深田晃司
製作: 新井重人
エグゼクティブプロデューサー・コプロデューサー: 澤田正道
エグゼクティブプロデューサー: 太田和宏 / 荒木宏幸 / 江口航治 / 宮崎伸夫 / 梅村昭夫 / Willawati
プロデューサー: 小室直子 / 紀嘉久
コプロデューサー: Giovanni Rahmadeva
撮影: 芦澤明子
照明: 永田英則
美術: Dita Gambiro
音楽: 小野川浩行

キャスト
ラウ: ディーン・フジオカ
タカシ: 太賀
サチコ: 阿部純子
クリス: アディパティ・ドルケン
イルマ: セカール・サリ
貴子: 鶴田真由

 

 

映画『海を駆ける』

- シネマトゥデイ

 

2018年5月の公開作品

- シネマトゥデイ

 

 

 

 


...... トラックバックURL ......
  クリップボードにコピー

...... 返信を書く ......
[コメントを書く]
タイトル:
お名前:
メール:
URL:
文字色:
コメント :
削除用PW:
投稿キー: