赤い日記帳

[PREV] [NEXT]
...... 2018年06月04日 の日記 ......
■ 中田英寿氏が18年ぶりに古巣ペルージャを訪問「自宅へ帰ってきたような感覚」   [ NO. 2018060406-1 ]

 

中田英寿氏が18年ぶりに古巣ペルージャを訪問「自宅へ帰ってきたような感覚」

 

中田英寿氏の願い、日本代表「16強以上」

 【ペルージャ(イタリア)2日=倉石千種】

 

元日本代表MFで、1998年フランス大会、2002年日韓大会、06年ドイツ大会のW杯3大会に出場した中田英寿氏(41)が、古巣のペルージャ(イタリア2部)のオンライン新聞「TIFOGRIFO・COM」内のインタビューに登場。ロシアW杯に臨む日本代表について「16強以上に進めることを願っている」と話した。

中田氏はクラブの博物館で行われたインタビューにイタリア語で回答。「ペルージャはいつも僕の心にある。ペルージャに戻って来るときは、日本の僕の家に戻るようだ」と初の海外クラブとなった古巣への愛着を語り、日本代表については「サッカーを見ていないから詳しくは分からないが、98年に初めてW杯に出場してから、20年が経過した。一歩一歩前進していってほしい」と話した。


...... トラックバックURL ......
  クリップボードにコピー

...... 返信を書く ......
[コメントを書く]
タイトル:
お名前:
メール:
URL:
文字色:
コメント :
削除用PW:
投稿キー: