赤い日記帳

[PREV] [NEXT]
...... 2018年06月10日 の日記 ......
■ 連続ドラマW 不発弾〜ブラックマネーを操る男〜   [ NO. 2018061002-1 ]

椎名桔平と黒木メイサが共演。骨太の社会派ヒューマンサスペンス

連続ドラマW 不発弾〜ブラックマネーを操る男〜
6/10(日)スタート

WOWOWプライム
毎週日曜 22:00〜23:00

 

椎名桔平、グレーゾーンの主人公を熱演 WOWOW『不発弾』インタビュー

 

公式サイト

 

 

スタッフ

 

原作:相場英雄「不発弾」(新潮社)

脚本:田中眞一

監督:星野和成


キャスト

椎名桔平
古賀遼 役
金融コンサルタント。貧しい炭鉱町で育ち、東京の「国民証券」に入り証券マンになる。ある出来事を機に、欲深い人間たちへの復讐を始める。

黒木メイサ
小堀弓子 役
警視庁捜査二課の管理官で警視。古賀を追って、大手電機メーカー「三田電機産業」の不適切会計の真相を暴こうとする。

宅麻伸
東田章三 役
「日本逓信」の社長。元「三田電機産業」社長で、現相談役。財界に広い人脈を持つ。古賀とは、絶対的な信頼関係を築いている。

原田知世
村田佐知子 役
古賀と20年以上内縁関係にある女性。和装小物店を営んでいる。

奥田瑛二
中野哲臣 役
「国民証券」で古賀を証券マンに育て上げた元上司。現在は健康食品の店を経営している。


ストーリー 

1500億円もの不適切会計が露呈した大手電機メーカー「三田電機産業」の記者会見で、狼狽(ろうばい)する社長を裏で操る金融コンサルタントの古賀遼(椎名桔平)。警視庁捜査二課の管理官・小堀弓子(黒木メイサ)は、この不適切会計を粉飾と疑い、上場廃止にならないことに違和感を覚える。そんな中で、同社の経営監査部長が自殺し、小堀はこの自殺に事件性を感じ始める。
貧しい炭鉱町で育った古賀は、上京後、上司の中野哲臣(奥田瑛二)にノウハウをたたき込まれ、国民証券でのし上がった。そして数年後、ある出来事を機に始まった古賀の復讐が、日本経済の深い地層に“不発弾”として仕掛けられていく。

 

概要
「震える牛」「血の轍」などで知られる相場英雄の小説をドラマ化。1500億円の不適切会計を発表した大手総合電機メーカーの背後で暗躍する一人の男と、彼を取り巻く人々との人間模様を描く、骨太の社会派ヒューマンサスペンス。
主人公の金融コンサルタント・古賀遼を演じるのは椎名桔平。貧しい炭鉱町で育ち、東京へ出て証券マンになった古賀は、ある出来事を機に、欲深い人間たちへの復讐を始める。やがて古賀は、証券業界ひいては経済界の影の立役者にのし上がっていく。
共演者には、不適切会計の真相を暴こうとする警視庁捜査二課管理官・小堀弓子に扮する黒木メイサのほか、宅麻伸、原田知世、奥田瑛二ら実力派俳優が集結。

 

 

 

連続ドラマW 不発弾〜ブラックマネーを操る男〜 - Google 検索

 

 

 

 

 

 

 

 


...... トラックバックURL ......
  クリップボードにコピー

...... 返信を書く ......
[コメントを書く]
タイトル:
お名前:
メール:
URL:
文字色:
コメント :
削除用PW:
投稿キー: