赤い日記帳

[PREV] [NEXT]
...... 2018年07月07日 の日記 ......
■ 映画『菊とギロチン』 と 2018年7月7日公開の映画   [ NO. 2018070704-1 ]

 

菊とギロチン (2017) 
2018年7月7日公開  189分
映画詳細データ
製作国日本

配給トランスフォーマー
カラー

(テアトル新宿ほか)

リンク公式サイト

 

  

ワイルドでチャーミングな新星、大ヒットアニメの実写化に挑戦!

  


見どころ
『ヘヴンズ ストーリー』などの瀬々敬久が監督を務め、第1次世界大戦終結後の大正時代を舞台に描くパワフルな一作。女性力士と平等な社会を目指すアナキストたちの不思議な縁を中心に、色恋沙汰やアクションに社会批判などを詰め込んで活写する。『GONIN サーガ』などの東出昌大と、オーディションで選出された木竜麻生が出演。共演に『んで、全部、海さ流した』などの韓英恵、『下衆の愛』などの渋川清彦、『ジ、エクストリーム、スキヤキ』などの井浦新らが名を連ねる。

あらすじ
大正末期、関東大震災直後の日本では軍部の力が増し、それまでの自由できらびやかな世界は終わりを迎えようとしていた。人々が貧しさと先の見えない不安に息を詰まらせる中、東京近郊に女相撲一座“玉岩興行”が到着する。一座には剛腕の女力士たちのほかに、元遊女の十勝川(韓英恵)や家出娘たちもいた。 
 


スタッフ
監督・脚本瀬々敬久
脚本相澤虎之助
音楽安川午朗
撮影鍋島淳裕
照明かげつよし
録音高田伸也
編集早野亮
VFXスーパーバイザー立石勝
題字赤松陽構造
美術磯見俊裕
美術監修馬場正男
ナレーション永瀬正敏

キャスト
木竜麻生(花菊ともよ)
韓英恵(十勝川たまえ)
嘉門洋子(玉椿みつ)
前原麻希(梅の里つね)
仁科あい(若錦まき)
田代友紀(羽黒桜まつ)
持田加奈子(小天龍よし)
播田美保(与那国うし)
山田真歩(小桜はる)
大西礼芳(勝虎かつ)
和田光沙(日照山きよ)
背乃じゅん(最上川せん)
原田夏帆(2代目小桜)
嶺豪一(三治)
渋川清彦(岩木玉三郎)
東出昌大(中濱鐵)
寛一郎(古田大次郎)
荒巻全紀(倉地啓司)
池田良(河合康左右)
木村知貴(仲喜一)
飯田芳(小川義雄)
小林竜樹(田中勇之進)
小水たいが(小西次郎)
伊島空(内田源太郎)
東龍之介(茂野栄吉)
小木戸利光(大杉栄)
山中崇(和田久太郎)
井浦新(村木源次郎)
大西信満(飯岡大五郎)
川本三吉(佐吉)
高野春樹(キチジ)
中西謙吾(栄太)
大森立嗣(正力松太郎)
篠原篤(定生)
菅田俊(丸万)
川瀬陽太(坂田勘太郎)
嶋田久作(田中半兵衛)
渡辺謙作(水島)
宇野祥平(森本一雄)
鈴木卓爾(魚売の音弥)

 

 

映画『菊とギロチン』

- シネマトゥデイ

 

2018年7月の公開作品

- シネマトゥデイ

 

 

 

2018年7月7日公開の映画

 

REVENGE リベンジ (2017)

- シネマトゥデイ

 

エヴァ (2018)

- シネマトゥデイ

 

君が君で君だ (2018)

- シネマトゥデイ

 

高杉真宙:“最低最悪のクズ”役 ひげ面&首輪をつけられたカット公開

 

『君が君で君だ』池松壮亮 単独インタビュー

 

ボリショイ・バレエ 2人のスワン (2017)

- シネマトゥデイ

 

一人の息子 (2018)

- シネマトゥデイ


...... トラックバックURL ......
  クリップボードにコピー

...... 返信を書く ......
[コメントを書く]
タイトル:
お名前:
メール:
URL:
文字色:
コメント :
削除用PW:
投稿キー: