赤い日記帳

[PREV] [NEXT]
...... 2018年07月07日 の日記 ......
■ 転校少女歌撃団、7人体制ラストライブをテレビ放送 思い出作りロケの模様も   [ NO. 2018070710-1 ]

 

転校少女歌撃団、7人体制ラストライブをテレビ放送 思い出作りロケの模様も

 

アイドルグループ・転校少女歌撃団が4月28日の東京・赤坂BLITZで開催した『転校少女歌撃団 5thワンマンライブ 〜THE LAST GIGS〜』の模様が、CS放送「テレ朝チャンネル1」で7日(後3:30〜7:00)に放送される。グループから卒業した松本香穂・栗田恵美・古森結衣のラストステージ、卒業前にメンバー全員での思い出作りロケの模様も放送される。

 

今回の番組『転校少女歌撃団5thワンマンライブ〜THE LAST GIGS〜7人のキズナ3時間半SP』では、前半に卒業前の思い出づくりとして敢行した、メンバー全員でのロケVTRをたっぷり見せる。渋谷の街に繰り出して、ボウリング、卓球、カラオケと休日気分を満喫。ボウリング&卓球対決では、メンバーが2チームに分かれ、真剣勝負を繰り広げた。負けたチームには“メンバーならでは”の衝撃の罰ゲームも。カラオケでは、十八番ソングからカラオケ定番ソングを歌唱し、メンバー自慢の歌声を披露。ロケの最後には、焼肉パーティーでメンバー全員でこれまでの活動を振り返る。

今だから話せるエピソードでは、“松井さやかと古森の大ゲンカ”や“松本と塩川莉世の同年代ならではの犬猿の仲”など、爆弾発言も飛び出し、今までで最高のライブや、メンバーの絆が深まった話なども語っている。

卒業するメンバーへ、ファンが作った卒業証書を授与するセレモニーも行い、卒業組3人の個性にあったオリジナルの文章が読まれると感涙ムードに。卒業組の3人からもサプライズプレゼントで感謝を表した。松本からは、現メンバー(岡田夢以、塩川、松井、渚まお)へ向けた手紙が贈られた。メンバー最年少の香穂らしいちょっとおバカで愛嬌のある手紙を、受け取ったメンバーが涙ながらに読み上げる。

ライブは番組後半に放送。オリコン週間シングルランキングで5位を獲得した最新ヒット曲「ショコラの独白」や、卒業となった古森のGALETTe時代の名曲「じゃじゃ馬と呼ばないで」の転校少女歌撃団Ver.など、全21曲を熱唱。松本、古森、栗田からのラストメッセージや、リーダーの岡田からファンへ、新たな決意表明も。最初で最後の極上のセットリストを、“転校バンド”の生演奏とともに聴けるファン必見必聴の永久保存版となっている。

■番組公式ホームページ
http://www.tv-asahi.co.jp/ch/contents/variety/0262/

  

 

転校少女歌撃団

エモーショナルかつ文系的要素に溢れた楽曲をパワフルなステージングで表現する7人組アイドルグループ。
2014年11月結成、2017年1月に新メンバー2名が加入し新体制となる。
メンバーは松本香穂、塩川莉世、岡田夢以、栗田恵美、松井さやか、渚まお(オーディション枠からの「新入生」)、古森結衣(経験者枠の「転校生」)。
2017年4月25日、タワーレコードより初となる全国流通盤シングル「この世界にサヨナラして」をリリース。



...... トラックバックURL ......
  クリップボードにコピー

...... 返信を書く ......
[コメントを書く]
タイトル:
お名前:
メール:
URL:
文字色:
コメント :
削除用PW:
投稿キー: