赤い日記帳

[PREV] [NEXT]
...... 2018年07月10日 の日記 ......
■ 義母と娘のブルース   [ NO. 2018071002-1 ]

綾瀬はるかが義母役に挑戦! 桜沢鈴の4コマ漫画を森下佳子の脚本でドラマ化

義母と娘のブルース
7/10(火)スタート

TBS系
毎週火曜 22:00〜23:07

 

義母と娘のブルース:第9話視聴率17.3%でまた自己最高更新! 佐藤健がついに綾瀬はるかに告白! 次回最終回

 

義母と娘のブルース:綾瀬はるかの“奇跡”をみゆき役・上白石萌歌が目撃 「やっぱり持ってる!」

 

上白石萌歌、綾瀬はるかと“母娘”に ウーマン村本は連ドラ初のレギュラー

 

公式サイト

 

 

スタッフ

 

原作:桜沢鈴「義母と娘のブルース」(ぶんか社)

脚本:森下佳子

演出:平川雄一朗
演出:中前勇児

プロデューサー:飯田和孝
プロデューサー:大形美佑葵

 

主題歌:アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)/MISIA



キャスト

綾瀬はるか
岩木亜希子 役
大手金属メーカー「光友金属」の営業部長。宴会芸もいとわないキャリアウーマンで、趣味を楽しむことなど知らないような“仕事の虫”。ライバルメーカー社員の宮本良一からプロポーズされる。

竹野内豊
宮本良一 役
老舗金属メーカー「桜金属工業」の社員。8歳の娘を持つ父親。温和で朗らかな性格で、愛称は“みやもっちゃん”。ある思いからライバル会社のやり手部長として知られる亜希子にプロポーズする。

佐藤健
麦田章 役
フーテンのダメ男。亜希子と宮本家に長きにわたって大きな影響と被害を与え続ける。

横溝菜帆
宮本みゆき 役
良一の娘。8歳の小学3年生。勉強は苦手で、のんびり屋で朗らか。母親の死に大きな影響を受けて内弁慶になる。良一の前では明るく振る舞っているが、学校では内側に引きこもっている。

浅利陽介
田口朝正 役
「光友金属」営業部所属。亜希子の部下で亜希子を尊敬している。明るく何事にも一生懸命だが、たまに空回りしていることもある。人一倍おしゃれに気を使っている。

浅野和之
笠原廣之進 役
「桜金属工業」営業部所属。良一の上司。ライバル企業の「光友金属」を目の敵にしており、光友の業績が上がると良一に扇子などであたり始める。良一のおっとりしているところを怒ってはいるが、憎めない良一を心配して気にかけている。

麻生祐未
下山和子 役
「下山不動産」勤務。うわさ好きで口も軽く、お節介なところがある。地域のファミリーサポートもしており、亜希子が来るまでは時々みゆきの世話をしていた。亜希子と親睦を深めていく。

 


概要
桜沢鈴の幻の4コマ漫画を原作に、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」や「JIN-仁-」(同系)などを手掛けた森下佳子が脚本を担当。主演の綾瀬はるかが義母役に挑戦する。そのほか、竹野内豊が8歳の娘を持つ宮本良一を、佐藤健が物語の台風の目となる麦田章を演じる。
ドラマは、仕事一筋のバリバリのキャリアウーマン・岩木亜希子(綾瀬)が、ライバル会社の社員・良一からプロポーズされて結婚し、畑違いの家事や育児に奔走する10年間を描くストーリー。
義母と娘のありふれた毎日を通して、当たり前の喜びや悲しみにスポットを当て、時にほっこりとする温かな気持ちを紡ぐ。

 

ストーリー 

業界最大手の金属メーカー「光友金属」に勤務する営業部長・岩木亜希子(綾瀬はるか)は、仕事一筋のキャリアウーマン。趣味もなく、仕事のことばかり考えており、宴会では独自に編み出した“土掘り土下座”を駆使するやり手として業界にその名を知られていた。
そんなある日、亜希子は老舗のライバル会社「桜金属工業」の温和な社員・宮本良一(竹野内豊)から突然プロポーズされる。宮本は妻を亡くしており、8歳になる娘・みゆき(横溝菜帆)を一人で育てていた。
亜希子は良一と結婚の約束をするが、「新しい母」と紹介された亜希子をみゆきは拒絶。亜希子はみゆきに受け入れてもらおうと作戦を立てる。

 

 

 

 

義母と娘のブルース - Google 検索


...... トラックバックURL ......
  クリップボードにコピー

...... 返信を書く ......
[コメントを書く]
タイトル:
お名前:
メール:
URL:
文字色:
コメント :
削除用PW:
投稿キー: