赤い日記帳

[PREV] [NEXT]
...... 2018年07月13日 の日記 ......
■ ドラマ24「GIVER 復讐の贈与者」   [ NO. 2018071308-1 ]

吉沢亮が冷徹で美しい復讐代行業者に! 新感覚のリベンジミステリー

ドラマ24「GIVER 復讐の贈与者」
7/13(金)スタート(放送局情報

テレビ東京系
毎週金曜 24:12〜24:52

 

公式サイト

 

 

 

スタッフ

 

原作:日野草「GIVER 復讐の贈与者」シリーズ(角川文庫)

脚本:継田淳
脚本:小峯裕之

監督:小林勇貴
監督:小路紘史
監督:西村喜廣

プロデューサー:浅野太
プロデューサー:濱谷晃一
プロデューサー:小松幸敏
プロデューサー:西村喜廣

 

エンディング:VIBRIO VULNIFICUS/NICO Touches the Walls



キャスト

吉沢亮
義波 役
他人の復讐を請け負い、淡々と完璧にこなしていく“復讐請負人”。依頼者の要望に応じて、ターゲットの心をえぐるような残酷な方法で追い詰めていく。生まれつき、人間としての感情が欠落している。

森川葵
テイカー 役
復讐代行組織「サポーター」を創設した謎の美少女。 

 
概要
伊坂幸太郎、恩田陸、乙一などベストセラー作家たちがこぞって絶賛した、日野草のリベンジミステリーを連続ドラマ化。復讐をテーマに、復讐する側、される側の人間模様を巧みに描きながら、毎回驚きのラストを迎える短編小説群を、スタイリッシュでノワールな新しい作品として映像化する。
主人公となる、冷徹で美しすぎる復讐代行業者・義波を演じるのは、映画やCMで大活躍中の若手俳優・吉沢亮。メイン監督の、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭でグランプリを受賞し、映画「全員死刑」で商業デビューを果たした若手監督・小林勇貴をはじめ、小路紘史、西村喜廣が監督を務める。

 

ストーリー 

生まれつき、人間としての感情が欠落している青年・義波(吉沢亮)がなりわいとするのは“復讐代行業”。同級生を殺された女子高校生、結婚詐欺にあった女性、連続殺人事件の被害者家族など、恨みを持つ人々から復讐を請け負い、依頼者の要望に応じて、ターゲットの心をえぐるような残酷な方法で執行していく。義波のほか数人の仲間を統率するのは、TAKER(テイカ―)と呼ばれる謎の少女だ。
ある日、家族連れでにぎわう休日の展望室に、銃を持った一人の若者が現れ立てこもり、見境なく居合わせた人々に危害を加えようとする。果たして、青年の真意とは。そして、どんな復讐劇が待ち受けているのか。

 

 

 

 

ドラマ24「GIVER 復讐の贈与者」 - Google 検索


...... トラックバックURL ......
  クリップボードにコピー

...... 返信を書く ......
[コメントを書く]
タイトル:
お名前:
メール:
URL:
文字色:
コメント :
削除用PW:
投稿キー: