赤い日記帳

[PREV] [NEXT]
...... 2018年07月19日 の日記 ......
■ ハゲタカ   [ NO. 2018071904-1 ]

綾野剛が企業買収のダークヒーローに!

累計230万部超の人気小説を連続ドラマ化

ハゲタカ
7/19(木)スタート

テレビ朝日系
毎週木曜 21:00〜21:54

 

綾野剛、主演ドラマ『ハゲタカ』「走り抜いて、完走します」と気合十分

 

伊藤ゆみ ドラマ「ハゲタカ」で安定のセクシー秘書を披露

 

公式サイト

 

 

スタッフ

 

原作:真山仁「ハゲタカ」「ハゲタカU」(講談社文庫)

脚本:古家和尚

監督:和泉聖治

プロデューサー:内山聖子
プロデューサー:中川慎子
プロデューサー:下山潤

 

主題歌:SINGLES/Mr.Children

 



キャスト

綾野剛
鷲津政彦 役
投資ファンド「ホライズンジャパン・パートナーズ」代表取締役。ニューヨークに留学中、アメリカの買収ファンドの目に留まり、ハゲタカビジネスの世界に足を踏み入れる。帰国後も大手銀行や日本のリーディングカンパニーを相手に大胆な買収劇を次々と仕掛け、日本中からバッシングを受けながらも莫大な利益を上げていく。

渡部篤郎
芝野健夫 役
三葉銀行資産流動化開発室室長。バルクセール交渉の場で鷲津と初めて対面。物腰の柔らかな鷲津に対し、行員たちが気を緩める中、一人警戒心を募らせる。亜希子と結婚し、一人娘のあずさをもうけるが、忙しさにかまけてあまり家庭を顧みなかったため、やがて大きな代償を払うことに。

沢尻エリカ
松平貴子 役
老舗ホテルである日光みやびホテルのオーナー・松平重久の長女。現在は家業を継がず、クラウンセンチュリーホテルでフロントマネジャーを務めている。そのらつ腕が評価され、役員昇進を打診されている。

池内博之
アラン・フジタ 役
「ホライズンジャパン・パートナーズ」の社員で鷲津の部下。大手投資銀行出身。アメリカ育ちの日系アメリカ人だが日本語は堪能。ビジネスのしきたりにも詳しく、鷲津の右腕として力を発揮する。

杉本哲太
佐伯宗徳 役
「ホライズンジャパン・パートナーズ」の社員。日本政財界の裏にも表にも精通し、多くの情報源を持つ。鷲津の武器でもある、ビッグデータによる企業買収を陰で支えている。

光石研
中延五朗 役
「ホライズンジャパン・パートナーズ」の社員。都内の大型案件はもちろん、日本の不動産業界を知り尽くした不動産取引のエキスパート。

小林薫
飯島亮介 役
三葉銀行常務取締役。三葉銀行のためならどんなことでもするというのが信条で、部下の芝野らにもそれを強いる。“三葉史上屈指の策士”と評されるほど、目端が利く陰謀家。権力者に絶妙に寄り添う一方、歯向かうものには容赦しない。

 


概要
短期的な利益を獲得するために企業を売買収する“ハゲタカビジネス”のリアルを描いた真山仁原作の大ヒット小説を綾野剛主演で連続ドラマ化。綾野は、日本中のバッシングを受けながらも買収劇を繰り広げ、莫大な利益を上げる主人公・鷲津政彦を演じる。
鷲津の最強の敵として、大手外資ホテルのフロントマネジャー・松平貴子役で沢尻エリカが出演。綾野とはこれが3度目の共演となる。そのほか、渡部篤郎や小林薫ら豪華キャストが集結。
平成の時代とともに生きた男・鷲津の軌跡を描いた本作は、今回、平成最後の年にテレビ放送されるため、原作小説にはないオリジナルエピソードが登場する点も注目されている。

ストーリー 

バブル景気とともに産声を上げた「平成」は、バブル崩壊や失われた10年、リーマンショックにアベノミクスと、激動の時を経て2019年にその幕を閉じる。そんな時代に、外資系投資ファンド「ホライズンジャパン・パートナーズ」を率い、大手銀行やリーディングカンパニーに次々と買収劇を仕掛け、莫大な利益を上げる男がいた。その男の名は鷲津政彦(綾野剛)。
鷲津はバッシングを受けながらも、“利益相反”と“忖度(そんたく)”で腐りきってしまった企業の上層部をたたき、日本企業をよみがえらせていく。

 

 

  

 

ハゲタカ - Google 検索

 

 

 

 


...... トラックバックURL ......
  クリップボードにコピー

...... 返信を書く ......
[コメントを書く]
タイトル:
お名前:
メール:
URL:
文字色:
コメント :
削除用PW:
投稿キー: