赤い日記帳

[PREV] [NEXT]
...... 2021年06月10日 の日記 ......
■ 伊藤沙莉、初のフォト&エッセイ集発売 生い立ち・家族・女優第2章をつづる   [ NO. 2021061002-1 ]

 

【Amazon.co.jp 限定】【さり】ではなく【さいり】です。(特典:エッセイ(一部)の本人朗読ボイス 配信データ) (日本語) 単行本 – 2020/6/10
伊藤 沙莉 (著)

 

商品の説明
出版社からのコメント
本人が朗読するエッセイの<ボイスデータ>は、永久保存版です。
小さな小さな女の子が目の前に浮かび上がり、そして成長していきます。
「本気で邪魔だった」声についてのエッセイは、何度も訪れた転機のこと。
浅草みどりに命を吹き込むことに夢中になり、
同時進行していたドラマの現場でたどり着いた自分自身への肯定。
もうひとつの作品は、かけがえのない愛と希望の家族の物語。

著者について
●伊藤 沙莉:いとう さいり 1994年5月4日生まれ 9歳の時にTVドラマ『14ヶ月~妻が子供に還っていく~』でデビュー。NHKよるドラ『いいね! 光源氏くん』やTVアニメ『映像研には手を出すな! 』の浅草みどり役、映画『タイトル、拒絶』、『ホテルローヤル』など、TV、映画と大活躍。CM出演も多数。2020年第57回ギャラクシー賞個人賞、日本映画批評協会大賞助演女優賞、2021年第63回ブルーリボン賞助演女優賞を受賞。将来を期待されている女優。6月15日からパルコ劇場「首切り王子と愚かな女」に出演。

 

登録情報
出版社 : KADOKAWA (2020/6/10)
発売日 : 2020/6/10
言語 : 日本語
ISBN-10 : 4048969323
ISBN-13 : 978-4048969321

 

 

 

伊藤沙莉、初のフォト&エッセイ集発売 生い立ち・家族・女優第2章をつづる

 

女優・伊藤沙莉(26)の初フォト&エッセイ集『【さり】ではなく【さいり】です。』(KADOKAWA)が、6月10日に発売(予定)。同書の予約が、5日よりスタートした。

 

9歳の女優デビューから、コンプレックス、生い立ち、家族のこと、地元の親友、そして、これからはじまる「女優第2章」についてなど、本人による書き下ろしエッセイに加え、写真はすべて撮り下ろしオールカラー。伊藤が、これまで誰にも見せたことがない自分を初めてさらけ出す。

子役時代からの全出演作品を一挙公開したフィルモグラフィーも収録。18年間の膨大な作品群の中から自ら選んだエポックメイキング的作品への本人解説も収録されている。

■エッセイテーマ一部紹介
ある女の子の物語/ポンコツ人生/我が母/兄/姉/私を作った伊藤家の食卓/うちの伯母の話/声/仲間はずれ/スタート

■収録フォトテーマ一部紹介
姉としょっちゅう訪れた、懐かしい稲毛海岸/はじめての乗馬体験/はじめての陶芸体験/私を作った伊藤家の食卓を再現。〜はじめての料理撮影〜/幼なじみの親友とガールズトークなど


...... トラックバックURL ......
  クリップボードにコピー

...... 返信を書く ......
[コメントを書く]
タイトル:
お名前:
メール:
URL:
文字色:
コメント :
削除用PW:
投稿キー: