赤い日記帳

[PREV] [NEXT]
...... 2021年11月14日 の日記 ......
■ 広瀬すず、徹底した食事制限で“ラーメン封印” 『情熱大陸』でみせた減量の裏側   [ NO. 2021111407-1 ]

 

広瀬すず:2週連続「情熱大陸」後編 女優として直面する壁「難しいですね、お芝居って」と弱音も

 

広瀬すず、徹底した食事制限で“ラーメン封印” 『情熱大陸』でみせた減量の裏側

 

女優の広瀬すずが、14日放送のMBS系『情熱大陸』(毎週日曜 後11:00)に出演する。

 

この夏、取材カメラは、主演映画『流浪の月』の役作りに臨む広瀬の姿を捉えた。2020年の本屋大賞受賞作を、李相日監督が映画化する話題作。広瀬が演じるのは、誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗(かないさらさ)。複雑な環境の中で10代を過ごした更紗という役を理解するため、広瀬は、彼女が過ごした環境に身を置くなどさまざまなアプローチを試みていた。

一方で李監督から「役柄に合わせて儚げなシルエットに」という注文を受け、トレーナーによる徹底した食事制限により減量を図っていた。大好きなラーメンもしばらくお預け…。

撮影が始まると、広瀬が纏う空気は一変した。カメラを前にした時の集中力には目を見張るものがある。だが実はこの時、広瀬は女優として大きな壁に直面していた。一つひとつの役に時間をかけて取り組むことができたかつてとは違い、ここ数年広瀬のスケジュールは多忙を極めていた。

「役を“こなしている”自分がいるのでは」と感じることもあるという。広瀬は、5年前に出演した映画『怒り』の撮影で、李監督から芝居の厳しさを教わった。現場では、生半可な気持ちで役を演じることは許されない。広瀬は、顔全体を覆って型取りをする特殊メイクや、冷たい湖に着衣のまま潜る水中撮影に体当たりで挑んだ。

広瀬が『流浪の月』の撮影現場で見せた意地そして、1年に渡る長期取材の果てに、語った言葉とは?

 

 

 

西野七瀬主演『言霊荘』 物語のキーマン役で佐野史郎&藤井美菜 秋田汐梨が新しい住人に

 

最愛:「俺はお前と姉ちゃんが好きやった」 “大輝”松下洸平の芝居に絶賛の声(ネタバレあり)

 

菜々緒、黒ビキニ&へそピアス姿で料理ショット 色気たっぷりの一枚

 

MEGUMI、ピンクの髪色に変身 「似合っている」「役か気になるぅ」「かっこいい!」の声

 

白石麻衣、貴重な“ガチすっぴん”公開で絶賛の嵐「国宝級の美しさ」「すっぴんがレベチすぎる」


...... トラックバックURL ......
  クリップボードにコピー

...... 返信を書く ......
[コメントを書く]
タイトル:
お名前:
メール:
URL:
文字色:
コメント :
削除用PW:
投稿キー: