赤い日記帳

[PREV] [NEXT]
...... 2021年11月14日 の日記 ......
■ 【青天を衝け】第35回あらすじ グラント将軍が来日、千代たちは西洋式マナーに悪戦苦闘   [ NO. 2021111408-1 ]

 

【青天を衝け】第35回あらすじ グラント将軍が来日、千代たちは西洋式マナーに悪戦苦闘

 

俳優の吉沢亮が渋沢栄一役で主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の第35回「栄一、もてなす」が、14日に放送される。

 

前回は、伊藤博文(山崎育三郎)の依頼で、商人たちが業種を超えて手を組むための組織、東京商法会議所を栄一が作ることに。そんな中、栄一は岩崎弥太郎(中村芝翫)から宴席に誘われる。栄一と弥太郎は、商業で国を豊かにしようと意気投合するが、その手法を巡って激論、意見は真っ向から対立し、会合は物別れに終わる。一方、はじめて養育院を訪れた千代(橋本愛)は、身寄りのない子どもたちの寂しげな姿に心を打たれ、世話をしたいという思いを強くする…という内容だった。

今回、アメリカ前大統領・グラントの来日が決まり、栄一たちが民間を代表して接待することに。栄一は、夫人同伴が当たり前の西洋流を採り入れようと、千代(橋本愛)やよし(成海璃子)にも協力を願い出る。そこに、大隈綾子(朝倉あき)や井上武子(愛希れいか)ら政財界の婦人も加わり、西洋式マナーの習得に悪戦苦闘する。

官民あげた歓迎は順調に進むが、数日後、グラントが「渋沢家に行きたい」と言い出す。渋沢家では、千代が中心になって、グラントを歓迎するための準備が始まる。


...... トラックバックURL ......
  クリップボードにコピー

...... 返信を書く ......
[コメントを書く]
タイトル:
お名前:
メール:
URL:
文字色:
コメント :
削除用PW:
投稿キー: