赤い日記帳

[PREV] [NEXT]
...... 2021年11月24日 の日記 ......
■ Juice=Juice金澤朋子11・24横浜公演で卒業 体調安定せず   [ NO. 2021112406-1 ]

 

Juice=Juice金澤朋子、卒業ライブ 9年間の活動「人生の誇りであり宝です」

 

Juice=Juice金澤朋子が卒業「また必ず笑顔で、お会いしましょう!」【スピーチ全文】

 

Juice=Juice 金澤朋子卒業コンサート、次期リーダーに植村あかりを指名

 

Juice=Juice 金澤朋子が卒業!“私は必ず皆さんの前に帰って来ます!”と宣言! 3代目リーダーに植村あかりを指名!

 

ハロプロ最年長Juice=Juice金澤朋子、約9年の活動に幕「必ず帰ってきます」

 

ハロー!プロジェクト所属の10人組アイドルグループ・Juice=Juice(ジュースジュース)が24日、横浜アリーナで『Juice=Juice Concert 2021 〜FAMILIA〜 金澤朋子ファイナル』を開催し、本公演をもってオリジナルメンバーで2代目リーダーの金澤朋子(26)がJuice=Juiceおよびハロプロを卒業し、2013年2月から8年9ヶ月の活動に終止符を打った。

 

7月に新メンバー3人が加入し、10人体制最初で最後の舞台は、自身初の横浜アリーナ。オリジナルメンバーでOGの宮崎由加や宮本佳林、元メンバーで2019年3月に引退した梁川奈々美さん、ハロプロメンバーらが見守るなか、メジャー2ndシングル「イジワルしないで 抱きしめてよ」、12月22日発売の新曲「Future Smile」、メジャーデビュー曲「ロマンスの途中」と新旧3曲で幕を開けた。

“かなとも”の愛称で親しまれる金澤は、ハロプロの現役メンバー最年長。2016年1月、子宮内膜症と診断されたことを公表し、突発的な頭痛、めまいなどの症状があるとして体調を見ながら活動を続けてきた。しかし、今年9月中旬から体調不良が続き、医師から「将来のことを考えて活動から距離を置いて静養し治療に専念すべき」と進言され、グループおよびハロプロからの卒業を決断した。

金澤は「私、金澤朋子にとっては、Juice=Juiceラストステージとなります」とあいさつ。「本当にドッキドキなんですけれども、気合い十分です。みなさん最後までついてきてほしいなと思いますが、熱い声援や温かい応援は、手拍子や拍手に代えてよろしくお願いします」と約6500人の観客に呼びかけた。
Juice=Juiceは定評のある歌唱力のみならず、稲場愛香(23)を中心にダンスパフォーマンスでも魅了。新メンバーの有澤一華(17)、入江里咲(16)、江端妃咲(14)も「如雨露」を3人だけで披露すると、フレッシュな笑顔を弾けさせた。メドレーのラストは金澤と植村あかり(22)のオリジナルメンバーコンビで「シンクロ。」をデュエットして観客を喜ばせた。

後半戦は代表曲「「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?」をエモーショナルに歌うと、インディーズデビュー曲であり、メジャーデビュー曲でもある「私が言う前に抱きしめなきゃね」、ラテン系の情熱的なナンバー「Fiesta!Fiesta!」、井上玲音(20)がボイスパーカッションを披露した「CHOICE&CHANCE」でたたみかけた。

そして、金澤といえばの楽曲、太陽とシスコムーンの楽曲「Magic of Love」のカバーへ。この曲では、金澤が「どうしよう 何処にいるの」と歌うと、ファンが「ここだよ朋子!」とコールするのが定番。現在は観客の発声が禁じられているため、観客に代わって植村と松永里愛(16)が金澤を挟むと、メンバー全員で「ここだよ朋子!」と絶叫。SNSでは配信で見ているファンも一斉に「ここだよ朋子」と投稿し、想いを届けた。

アンコールでは、会場が金澤のメンバーカラー・りんご(赤)一色に包まれるなか、華やかな真っ赤な衣装で登場した金澤が自身のソロ曲「あなたを想う帰り道」をソロで熱唱。続いてメンバーと一緒に「続いていくSTORY」を歌い上げた。

卒業スピーチでは「私は病気のことがあって卒業を決意しました。みなさんにご心配をおかけしている状態の今、悔しい気持ちや寂しさがないと言い切るのは正直嘘になります。それでも最終的には自分で決めたことなので、この選択を正解にしていけるよう、しっかりと自分の身体を大切にしながら、精進してまいりたいと思います」と語ると、「私は必ず、皆さんの前に帰ってきます」と約束し、会場は拍手に包まれた。

続けて、唯一のオリジナルメンバーとなる植村が3代目リーダーとなることを紹介。植村は「朋子のようにはできないけど、私らしくリーダーを頑張って、朋子のバトンをつないでいけるように頑張りたいと思います」と決意表明した。

金澤は今後、治療を最優先し、体調を見てソロで芸能活動を続ける。YouTubeではきょう24日午後9時より、本編終盤で金澤が涙まじりに歌った新曲「Familia」のミュージックビデオが公開された。

■金澤朋子(かなざわ・ともこ)
1995年7月2日生まれ、埼玉県出身。2012年にBerryz工房×℃-uteの「超HAPPY SONG」を歌うカラオケコンテストで最優秀賞を受賞したことがきっかけで歌手を志し、同年にハロプロ研修生として加入。2013年2月、ハロプロ研修生6人で結成されたJuice=Juiceのメンバーに選ばれ、9月にメジャーデビューし、同年の『第55回 日本レコード大賞』で新人賞を受賞した。2019年6月には宮崎由加の卒業に伴い、2代目リーダーに就任。歌唱力に定評があり、昨年1〜2月にかけてソロライブも開催した。

■『Juice=Juice Concert 2021 〜FAMILIA〜 金澤朋子ファイナル』セットリスト
01. イジワルしないで抱きしめてよ
02. Future Smile
03. ロマンスの途中
04. DOWN TOWN/金澤、植村、稲場、井上、段原、工藤、松永
05. Va-Va-Voom/金澤、植村、稲場、井上、段原、工藤、松永
06. 好きって言ってよ/金澤、植村、稲場、井上、段原、工藤、松永
07. 素直に甘えて/金澤、植村、稲場、井上、段原、工藤、松永
08. ポツリと/金澤、植村、稲場、井上、段原、工藤、松永
09. プラスティック・ラブ
10. DANCE NUMBER/金澤、植村、稲場、井上、段原、工藤、松永
11. 如雨露/有澤、入江、江端
12. プラトニック・プラネット/金澤、段原、松永、江端
13. TOKYOグライダー/金澤、稲場、工藤、有澤
14. Wonderful World/金澤、井上、入江
15. シンクロ。/金澤、植村
16. 「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/金澤、植村、稲場、井上、段原、工藤、松永
17. 私が言う前に抱きしめなきゃね/金澤、植村、稲場、井上、段原、工藤、松永
18. Fiesta!Fiesta!/金澤、植村、稲場、井上、段原、工藤、松永
19. CHOICE&CHANCE
20. Magic of Love
21. Familia
22. Goal〜明日はあっちだよ〜
【アンコール】
EN1. あなたを想う帰り道/金澤
EN2. 続いていくSTORY
EN3. 未来へ、さあ走り出せ!

 

 

Juice=Juice 3代目リーダーは最後の初期メン植村あかり 卒業の金澤朋子からバトンタッチ

 

ハロー!プロジェクトの10人組アイドルグループ・Juice=Juice(ジュースジュース)のリーダー、金澤朋子(26)が24日、横浜アリーナで行われた『Juice=Juice Concert 2021 〜FAMILIA〜 金澤朋子ファイナル』公演をもって卒業した。これに伴い、3代目リーダーとして最後のオリジナルメンバーとなった植村あかり(22)が就任し、バトンタッチした。

 

卒業スピーチを終えた金澤は「明日からJuice=Juiceのことを引っ張っていってくれるJuice=Juiceの3代目リーダーは、植村あかりちゃんです」と紹介。植村は「朋子のようにはできないけど、私らしくリーダーを頑張って、朋子のバトンをつないでいけるように頑張りたいと思います」と決意表明した。

オリジナルメンバー6人の中では最年少だった植村は「昨日、性格診断テストをしたら、リーダー向きではないと書かれていました。私もそう思います」と笑いを誘い、金澤に対しても「安心しないでください。リーダーが私です」と笑いつつも、最後には「いつの間にかこんなに後輩ができました。頼もしいメンバーたちがいるので安心してください」と宣言した。

金澤は「明日から、うえむーが引っ張ってくれるJuice=Juiceへの期待を込めて」と語り、ラストナンバー「未来へ、さあ走り出せ!」で締めくくった。

 

 

ハロプロ最年長 Juice=Juiceリーダー金澤朋子が卒業を発表 子宮内膜症による体調不良の治療に専念

 

Juice=Juice金澤朋子、グループ&ハロプロからの卒業を発表 11月24日に卒業コンサート

 

Juice=Juice金澤朋子11・24横浜公演で卒業 体調安定せず

 

ハロー!プロジェクトのアイドルグループJuice=Juiceのリーダー金澤朋子(26)が11月24日の横浜アリーナ公演をもって、同グループ及びハロー!プロジェクトを卒業すると6日、公式サイトで発表した。

先月15日に「子宮内膜症」のため3週間程度の活動休止を発表していたが、体調が安定しないことから卒業を決断した形だ。公式サイトでは「現在も体調は安定せず、医師から金澤の将来のことも考えて、活動から距離を置いてしっかり静養し治療に専念することが先決であると診断されました」と説明し、11月24日に行われる単独コンサートを、金澤の卒業公演とすると発表した。

また、卒業公演に向けた体調を考慮して「Hello!Project2021秋『続・花鳥風月』」のチーム月公演はすべて欠席し、その他の卒業までの活動については、体調を見ながら判断していくという。卒業後については「ソロ活動を考えていますが現状では判断できないため、症状が改善され、落ち着いてから追々決めていくことといたします」とした。

金澤もコメントを発表。突然の卒業をおわびした上で「私は9月中旬頃から子宮内膜症による体調不良が続いており、安定して活動を行うことが出来なくなっていました」。

そして「グループのリーダーであり、Hello! Projectの最年長という立場でありながら、メンバーやスタッフさん方、そしてファンの皆様にご心配とご迷惑ばかりおかけしてしまっていることにやりきれない悔しさを感じており、そんな中で医師から、将来のことを考えて活動から距離を置いて静養し治療に専念すべきと言われ、卒業について考えるようになりました」とつづった。

結成時から、グループを支え続けた。「大好きなJuice=Juiceを離れるというのは、私の中でこれまでにない大きな決断でした。でも、大好きだからこそ、このまま中途半端に活動を続けていくのは絶対に嫌だという気持ちがあったので、卒業を決意しました」と語った。

今後については「安定した健康状態を維持できるよう身体を休めることにまずは専念させていただきます。その後はソロで活動することが出来ればと思っておりますが、体調のこともあるので、これから慎重に考えて決めていくつもりです。どうかあたたかく見守ってくださると幸いです」とした。

12月発売予定のグループのシングルには金澤も参加する予定だという。

 

 

 

Juice=Juice 金澤朋子の卒業に関するお知らせ

 

【スピーチ全文】Juice=Juice・金澤朋子、笑顔でグループを卒業! 「9年間は私の人生の誇りであり宝」<ライブレポート>

 

Juice=Juiceのリーダー金澤朋子が横アリ公演をもって卒業、治療に専念


...... トラックバックURL ......
  クリップボードにコピー

...... 返信を書く ......
[コメントを書く]
タイトル:
お名前:
メール:
URL:
文字色:
コメント :
削除用PW:
投稿キー: